ベルギー・アントワープからのダイヤモンド輸入卸直営店
  • 婚約指輪
  • 結婚指輪
  • ルースダイヤモンド
  • お客様の声
  • 店舗情報

ダイヤモンド裸石

レーザー刻印

レーザー刻印とは、ダイヤのガードル部分(下図参照)に、レーザーで番号を入れることです。
ほとんどの場合は「鑑定書番号」を刻印します。この鑑定書番号は、ダイヤ毎にすべて異なる番号があてられていますので、同じ番号はありません。この番号があることで、ご購入されたダイヤと鑑定書のダイヤが同一であることが証明されます。
GIAの鑑定書の付いたダイヤの場合は、GIAの機関で「GIA」と刻印されます。DGLやAGTの場合は、国内の鑑定機関において「DGL」もしくは「AGT」のロゴ入りの番号が刻印されます。刻印が入るガードル部分は、フローレス以外のクラリティーの評価の対象外となりますので、IFのダイヤに刻印を入れてもクラリティーの評価に影響はありません。

レーザー刻印を希望されるお客様には、有料で各鑑定機関に依頼することができます(料金は10,500円です)。
当店では、レーザー刻印部分がリングの爪と爪の間にくるように(隠れてしまわないように)ダイヤをセッティングしますので、セッティングした後も、レーザー刻印をいつでも確認することができます。

ダイヤのガードル部分を指し示す画像
DGLのロゴマークとともに番号がレーザー刻印されたダイヤの画像